武装襲撃
Home
スペイン語
武装襲撃
コメントと質問

世界では武装襲撃が相次いでいる。

世界の各地では武装集団による襲撃テロ事件がおきています。
争いごとはいつの時代も起こっていますが、 2000年初めに世界貿易センター爆破テロがありました。 とても悲しい出来事です。
アメリカの経済の象徴と言われたツインタワー、 いとも簡単に破壊されました、多くの方が犠牲者となり、また残された遺族は悲しみがつきません。
どうしてこの様な事がおきたのでしょうか。
そしてヨーロッパのクラブでの爆破テロは、楽しいはずのダンスホールでの出来事です。
この様に華やかな繁華街で起こるのは、あてつけの様に感じます。
貧富の差が著しい世界経済、これは野生でいう弱肉強食と言っても過言ではありません。
世界中の人々の幸せを考えた時、思いやりの心が人を助け、また自身の心の安らぎになるのだと思います。
最近、学生などの若者が銃による乱射事件を起こしています。
後に動機として、被害妄想に苛まれている精神的な崩壊が明るみにでています。
若者の場合、周りが気にかけていれば事件を防げた様に感じます。
他人事ではなく自分事と考え、人類みな兄弟という広い心でいたいものです。

正義の連合組織